お知らせ

新造曳船「清和丸」が7月30日に就航いたしました。

和歌山県 畑山造船株式会社において建造した新造曳船「清和丸」(5220馬力)が7月30日就航し木更津港に配船されました。
本船の特徴及び主要目は下記のとおりですが、「清和丸」は弊社最大級となる5220馬力という高出力を有し、更にJG近海資格を取得することにより、沿海だけではなく遠隔離 島等近海への航行が可能となりました。今後もニーズの多様化に対応し、機能面を重視した船隊整備を進めてまいります。

新造曳船「清和丸」が7月30日に就航いたしました。

特徴

ニーズの多様化への取り組み

  • JG近海資格(非国際)の航行区域を取得し、GMDSSのA3海域に対応する無線・航海計器を設置した。
  • 可変ピッチプロペラ(CPP)を採用。操船性と省エネの向上を図った。スリップクラッチも装備し、固定ピッチモード(翼角を固定しエンジン回転数で出力を調整)では従来と同様の操船となり、作業内容に合わせた、よりよい操船スタイルを取る事が可能。
  • 211m3の燃料搭載量を確保し、航続距離の拡大を図った。
  • 船首に、巻上げ能力最大20トンのテンションを2基。船尾に最大30トンのテンションと、タガーウインチを採用。
  • 3名分の旅客室を設け、乗組員以外の常時乗船を可能とした。

安全運航への取り組み

  • ファンネルを設ける事で、船尾デッキのフラット化が可能になった。それにより、作業効率・安全性の向上を図った。
  • 船尾にカメラを設置し、確実に後方視界を得られるようにした。

環境への取り組み

  • 国際海事機関(IMO)のNOx2次規制に対応した主機を採用。
航海区域
総屯数
全長
型幅
型深
喫水
定員
主機関
定格出力
推進装置
最高速力
曳航力
JG近海区域(非国際)
309屯
38.0m
10.4m
4.7m
3.7m
船員9名 旅客3名(常時) 8名(6時間未満)
ヤンマー株式会社 6EY26W型2,610馬力 2基
5,220馬力
川崎重工業株式会社  KST-200ZC/B1型 2基
14.7ノット
前進65トン